青天轟くサンダーボルト!早稲田戦士スピカ‼


▽早稲田戦士スピカとは

これまでの早稲田戦士たちの健闘むなしく、タカダノバーバリアンによる被害は増す一方であった。悪化していく状況にしびれを切らし、早稲田大学当局が開発したのが「Super Power in the Campus Armor System」、通称「SPiCAシステム」だ!

 タカダノバーバリアンに対し高い撃退性能を誇るSPiCAシステムだが、装着して使いこなすには高い身体能力と格闘センスが要求された。そんな戦闘アーマーの適合者として選ばれたのは、なんと現役早稲田生、スポーツ科学部の一女、轟天音(とどろき あまね)であった!!

体育会ボクシング部に所属する彼女は、忙しい学生生活のかたわら、タカダノバーバリアンとの激しく厳しい戦いに巻き込まれていくこととなってしまったのだが……変身するのは案外まんざらでもない様子である。

当初は早稲田戦士としてではなく単独で活動しており、二つ名も「電撃拳士」と名乗っていた。だが、2018年度文芸祭ショーにおいてワセダブリューらと出会い、以降は早稲田戦士として仲間と一緒に活動している。

▽SPiCAシステムの秘密

 電撃を自在に操り敵を粉砕するSPiCAシステムの最大の謎は、なんと言ってもその攻撃力に似つかわしくない可愛らしい見た目である。大学当局は何を意図してこのような姿に設計したのか。その詳細は一切明らかにされてはいないのだが、実はとある宇宙生物の姿を模しているからなのではないかと噂されている。
 なんでも、おとめ座α星(別名・スピカ)系から飛来した生命体「電気虎」を当局が確保、高エネルギーを発する電気虎の生体メカニズムを解析し機械化したのがSPiCAシステムだというのである。確かに、そう考えればオーバーテクノロジー気味なパワーを発揮する点には納得がいくし、こじつけっぽいシステム名の由来の説明もつく。
 ただし、手や肩、脛などの明らかな虎柄の部分に関しては、装着者の天音が自身の好みに合うよう勝手に貼り換えたようである。

▽早稲田戦士スピカ(轟天音)のプロフィール

性格:おてんばで明るく元気 規則にはルーズな方
好きな食べ物:ドーナツ コンビニのホットスナック
嫌いな食べ物:ナス
家族構成:年が少し離れた兄がいる
趣味:マンガを読むこと 好きな雑誌は『週刊少年マガジン』

▽スピカの技

【スピカ雷ナックル】


 全身の電気エネルギーを拳に集めて放つ、渾身の右ストレートがスピカ雷ナックルだ!
アーマーの特性とボクシングの格闘技術のシナジー効果により、重さ10tの岩をも砕く破壊力を誇るぞ。

【雷迅・スピカボルテッカー】

 凄まじい強さの電流を右手から地面に流し敵を感電させる大技だ!広範囲に攻撃でき威力も絶大だが、無差別的にダメージを与えてしまうのが難点だ。デビュー戦で使った際には大隈講堂のブレーカーを落としてしまった。

【龍虎相克波】

 スピカとワセダブリューの最強の合わせ技だ!虎と龍、本来対立するはずの最強の獣の力が合わさるとき、無敵の矛となりあらゆる敵を打ち砕く。